世界腎臓デー ②慢性腎臓病CKDとは?

この腎臓が徐々に痛んでくる状態、これを最近は慢性腎臓病CKDと呼んでいます

糸球体 濾し器の網目に大きな穴が空いてしまい 本来漏れない大きさの蛋白の粒子が尿へもれて出てきます。 尿蛋白が陽性になるということです、

さらに腎臓が痛んでくると濾し器の網目が詰まってしまい、老廃物も濾せなくなりこの糸球体はつぶれてしまいます。そうすると徐々に血液中に老廃物がふえてきます。

大阪府内科医会のお医者さんのBLOG

かかりつけ医の集まりである内科医会から市民の皆様へ健康情報をお届けするサイトです