若い世代のワクチン接種がキーポイント①

新型コロナウイルス感染が続いています。これを終息させるためにはどうすればよいのでしょうか? そのキーワードは、やはりワクチン接種です。 特に若い世代のワクチン接種率を高めることです。

感染力の強いデルタ株(インド株)による感染再拡大が東京・大阪など大都市圏で懸念されています。緊急事態宣言が再発令され無観客での東京オリンピック開催が行われようとしていますが、現在の感染者の大半は若い世代であることが判明しています。

筑波大学倉橋節也Dr.のシュミレーションデータでは、若い世代(39歳以下)に早くワクチン接種(東京都杉並区で実施)をした方が9月以降の感染が収束に向かうとの結果です。高齢者接種の効果で重症化率は抑えられるものの、一方でこのまま若い世代での接種率が進まないと、第5波、第6波、第7波・・と感染拡大ピークが繰り返される予想です(NHKあさイチでも放送2021.7.7)。

大阪府内科医会のお医者さんのBLOG

かかりつけ医の集まりである内科医会から市民の皆様へ健康情報をお届けするサイトです